自動車税 13年

公開日: 

自動車税は原則としては毎年同じ金額を納付することになります。

しかし例外もあり、初度登録から13年経過している自動車に関しては自動車税が割増しになります。

では、どのくらい割増しになるのか?

以下の図をご覧ください。

排気量 13年未満  の車 13年経過  した車
1,000cc以下 29,500円 33,900円
1,000cc超1,500cc以下 34,500円  39,600円
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 45,400円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 51,700円
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 58,600円
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 66,700円
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 76,400円
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 87,900円
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 101,200円
6,000cc超 111,000円 127,600円

 

上記の図は自家用乗用車(普通車)の自動車税です。

ご覧のようにどの排気量の場合でも15%程度の自動車税が増加することになります。

もともと税法は自動車取得税を計算する時や、普通自動車の減価償却費を計算する時にも6年を耐用年数として定めています。

そういった意味では13年経過している車というのはかなり古い車ということなのでしょう。

 

そして、古い車=環境に悪いということで、このまま乗り続けていると税負担重くしますよ。

という意味合いで負担増となるようです。

 

もし、買替を考えているのならば、13年経過する前に売却してしまった方が良いかもしれません。

ちなみに13年というのは車検証に記載されている初度登録からその年の4月1日までの期間が13年を経過しているかどうかです。

 

つまり平成29年4月1日だと、平成16年3月31日以前に登録されたものが対象となります。

もし、売ることを検討している方はこちらのページをご覧になることをおすすめします。

入力が1分で出来て、下取よりも100万円以上高くなることもある一括査定についての説明が書いてあります。

こちら → 一括査定について

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

2017.02.24 Fri
車売る 書類
PAGE TOP ↑